Posts Tagged ‘合皮劣化’

サマンサタバサ ボディバッグ 合皮破れ部分 本革張替修理

今回はサマンサタバサ ボディバッグ 合皮破れ部分 本革張替修理です。

IMG_3232.JPG IMG_3233.JPG IMG_3234.JPG IMG_3235.JPG IMG_3236.JPG

サマンサタバサは今回のような合皮修理の相談が非常に多いです。

本体のいたるところに破れがあり、ファスナー廻りは全部剥げてグレーになっています。

合皮ならではの症状で、こうなったらどうしようもない。。(/_;)

・・・事もないんですけど。

今回は表革の補強修理です~。

合皮部分の補強とは、今回で言うと

合皮部分で破れている所を本革で隠していく修理です。

 

すごく時間もかかるので、出来れば鞄を解体せずに修理したい。。

解体したら引き返せないのでなんとかならんかな~(´・ω・`)

と、いつもの如く作業を始める前にウダウダ考えながら時間が過ぎていく~。。

結局、、、

IMG_3248.JPG

 

解体するほうが、しっかり仕上がるので解体!!!

ここは費用の問題があるのでお客様に相談して進めてます。

どこまで出来るかというこちら側の問題もありますね。

IMG_3249.JPG IMG_3272-0.JPG

合皮部分を本革で隠していきます。

↑こんな感じで一度解体すると、そりゃあ楽なんです(^^♪

IMG_3273-0.JPG IMG_3274.JPG

 

本革で全部隠すまでするとかなりの金額になるので、今回は破れている部分+αくらい、

本体面積の半分くらいを本革にしていきます。

 

そじて仕上がったのがこちら!

IMG_3329.JPG IMG_3330.JPG IMG_3337.JPG IMG_3336.JPG IMG_3335.JPG IMG_3334.JPG IMG_3332.JPG IMG_3333.JPG

背面にハートマーク?みたいなのも、一応残すデザインで革補強完了!

見た目修理した感じがなければ、それが一番!

自然な感じになってるかな??

IMG_3338.JPG

↑ちなみに少しの穴だけある所は樹脂コーティングで穴を塞いで

かかる費用を抑えています。

サマンサタバサ 合皮破れ部分 本革張替修理  14000円 でした~。

全部本革で張り替えると30000円くらいになっちゃうので

ベルト部分はそのままだったり、まだ丈夫な部分は残しつつの修理になりました。

LINEで見積もりのをさせてもらいました。

大変お待たせする事になり申し訳ありません( ;∀;)

そして遠方からのご依頼ありがとうございました~!!

 

 

フェラガモ バッグ 合皮劣化 内張り交換修理+色染め

今回はフェラガモ バッグ 合皮劣化 内張り交換修理+色染めです。

IMG_2767.JPG IMG_2769.JPG IMG_2770.JPG IMG_2768.JPG IMG_2950.JPG IMG_2772.JPG

内部の合皮がベトベトになった為、交換させてもらいます。

他には、全体的に茶色部分が擦れて白くなっているので

染めていきます(‘ω’)ノ

IMG_2946.JPG

↑こんな感じで内袋を作りました。

基本劣化しない素材で、

元の寸法に合わせて作り直していきます~(^^)/

革のロゴも移設しました~。

IMG_2948.JPG IMG_3005.JPG IMG_3006.JPG IMG_2949.JPG

↑出来た内袋をはめ込んで縫い合わせて内張り完了~

あとは外側の色補修をして仕上げます~(^^♪

はい!こんな感じです!

IMG_3003.JPG IMG_3007.JPG IMG_3008.JPG IMG_3004.JPG

染めの作業は基本的に白くなったり目立つ部分をなるべく目立たなくする

修理です。新品の時のようにバッチリ同じ色には染まらず、色ムラはあります。

フェラガモ 内張り交換 ¥18000+全体色補修 ¥2500 でした。

ご依頼ありがとうございました~(^^)/

ゼロハリバートン 合皮劣化の為、内装本革交換

今回はゼロハリバートン 合皮劣化の為、内装本革交換です。

お気に入りのケースだという事で、こだわりの本革に張り替えしていきます(*´ω`)

IMG_1673.JPG IMG_1675.JPG IMG_1676.JPG IMG_1678.JPG IMG_1680.JPG IMG_1677.JPG

内装の合皮が劣化してどんどんめくれてきています。

IMG_1964.JPGIMG_2106.JPGIMG_2107.JPG

↑本革をきっちり貼るために、はがれやすい合皮の表面だけは全部剥がしていきます!

IMG_2113.JPG

↑使っていて味の出る、タンニン鞣しのオイルレザーです~(^^♪

IMG_2116.JPGIMG_2117.JPGIMG_2125.JPG

↑パーツごとに本革に張り替えして組み込んでいきます~

IMG_2126.JPG IMG_2128.JPG IMG_2129.JPG IMG_2134.JPG

↑最後の難関!!サイドのジャバラ部分は革を貼っては縫い、貼っては縫いの繰り返しで

組み込みます(‘◇’)ゞ

 そして、ようやく完成で~す!!!

IMG_2142.JPG IMG_1674.JPG IMG_2143.JPG IMG_2144.JPG IMG_2145.JPGIMG_2147.JPGIMG_2146.JPG   IMG_2149.JPGIMG_2151.JPGIMG_2150.JPG

こんな感じです~!

やっぱりタンニン鞣しの本革は色の深みが違いますね~。

その分、革代は高くつきますけど、お気に入りのケースが

ほんとに世界で一つのケースに生まれ変わりますよ~(*’▽’)

 

ゼロハリバートン 合皮劣化の為、内装張替(タンニン鞣しの革)

¥25920 でした~(革代含む)

 

大切な靴やカバンが合皮の為使えないなら、もったいない!

カギしっぽ工房にご相談下さい!

やっかいな劣化合皮と毎日格闘しています~( `ー´)ノ

 

ご期待に応える修理になっていれば良いですが。。

遠方から郵送でのご依頼ありがとうございました~!

 

 

 

思い出を残す修理 ミニランドセル 合皮劣化コーティング②

IMG_0978.JPG

とりあえず!考えていた素材と方法で試していきます~。

コーティングする前に縁革くらいは補色してあげた方がいいかな、という事で

IMG_0993.JPG IMG_0994.JPG IMG_0988.JPG IMG_0991.JPG IMG_0992.JPG

↑調色した赤で外周の縁革だけ塗っていきます。

輪郭がはっきりするだけで見た目がぐんと引き締まります。

もちろん大きいめくれは接着したりもしています。

IMG_0995.JPG

思い出のミニランドセルを修理する目線で見ていますが、実際ミニランドセルを見回すとほんと職人さんの

技術というかクォリティの高さに感動します。

↑象さんマスコットが年月を超えて、

ず~っとランドセルを飾り続けている事にも感動したりしてしまいます( ;∀;)

だから、余計になんとかせねば~(;゚Д゚)とプレッシャーが。。

長持ちさせる為にどうしたらいいか、少ないアタマをフル稼働~。

思いつくことをどんどんテストしていきます!

IMG_0979.JPG

考えていたコーティングを施すと、無色になるはずが、何故か白くなったり。。

定着の問題?何かに反応してる?

革に使った時とは明らかに違う反応にドキドキしながら可能性を探っていきます。

怖すぎる~( ;∀;)

IMG_0997.JPG IMG_0996.JPG

↑象さんもランドセルを心配しています(^^)

色々試したあげく、ようやくこれでイケル!!

というとこまで辿り着きました(^^♪

ただ当初の予定より予算はオーバーしちゃいますが。。

こんな修理が完璧に出来たとしたら画期的やな~とか思いながら検証していましたが

なんと出来そうな方法を見つけて、・・・ムフフ(*^。^*)

とにかく道は開けた!進むのみ!!

 

そして完成~!!(^^)/

IMG_1046.JPG IMG_1047.JPG IMG_1048.JPG IMG_1049.JPG IMG_1050.JPG

完全に、丸ごとコーティングされています。

ただ、見た目的にはほとんど分からないんですが。。

「見た目が変わらない、修理」・・・だってそれが今回の追い求めていた事なのでOKなんです~!

触ったら明らかに分かります~。

全体が薄い膜で覆われていることが!!(*´ω`)

↓これが施工前です

IMG_0419.JPG IMG_0421.JPG

外周の縁革だけは補色したので施工後の印象はキレイに見えます。

IMG_1036.JPG IMG_1040.JPG IMG_1039.JPG IMG_1038.JPG IMG_1037.JPG IMG_1052.JPG

 ↑施工後のドアップ

表面を固くしたわけではなく弾力性があるコーティングになっています。

なので押しても曲げても めくれませんよ~(*^。^*)

当然、粉も全く落ちなくなりました!!

現状では何の問題も無いハズです~(^^♪

ミニランドセル 合皮劣化 思い出まるごとコーティング  ¥12000 でした~。

特殊な材料をふんだんに使うのでこれくらいの金額になってしまいますが、

このランドセルは世界に一つ、お金で買えない宝物ですからね!

隣の県から、ご来店ありがとうございました!

宝物を未来に繋ぐ仕事が出来たかな?

とにかく無事に完了できてホッとしています(*^。^*)

お礼の電話いただきました~(^^)

こちらこそありがとうございました~!

 

 

 

 

 

 

思い出を残す修理 ミニランドセル 合皮劣化コーティング①

今回は ミニランドセルの合皮劣化コーティング修理です。

当店、劣化した合皮の修理依頼はたくさん挑戦していますが、今回のような修理は初めてです。

今回は、劣化した素材を除去するのではなく、保存する修理です!

IMG_0419.JPG IMG_0417.JPG IMG_0416.JPG IMG_0421.JPG IMG_0420.JPG IMG_0423.JPG IMG_0422.JPG

 

隣の県からわざわざご来店いただき、お店で初めて対面しました。

ミニランドセル!(*´ω`)

でもすごい状態!!(;゚Д゚)

 

相談内容はもちろん!崩れていくランドセルをなんとかして~!・・という事です。

ミニランドセルを入れてきた袋には赤い粉がたくさん落ちていました。

ここでなんとかしないと。。。(/_;)

いつもなら革を貼り替えたり、上から貼ったりしてキレイに使えるようにの修理がほとんどです。

でも今回、革を貼ったり、交換したりというのは、、、違いますよね~。

オリジナルの素材をどう残すか?それが今回の課題です。。

IMG_0977.JPG IMG_0976.JPG IMG_0978.JPG

いつも(ご近所はもちろん)遠方から当店を頼っていただく時、なぜわざわざカギしっぽ工房に??

と思うんですが。

でも色んな修理で頼っていただいて挑戦しているうちに

出来ることがどんどん増えてきて、ほんとこちらから感謝の一言です!

今回もなんとかなるやろ~という感じで(根拠は・・・?)

お受けしました~(;´∀`)

さ~て、どうしよ。。。

続く。。

 

 

 

ルイヴィトン 合皮劣化のベタベタ修理

今回はルイヴィトン バッグの内張り交換です。

内側の合皮が劣化してベタベタしたら交換するしかないのです~。

IMG_0593.JPG IMG_0595.JPG IMG_0594.JPG

 

今回は内側ポケット2か所をなくすことで費用を抑える事になりました。

基本大きい袋部分のみなら¥12000、

ポケット部分1か所につき¥6000になります。

という事は、今回の場合、全部きっちり交換すると¥12000+ポケット¥6000×2 で¥24000 になりますが、

全部する場合はセット価格で少し割引はさせてもらってます。

(ー¥2000~¥4000くらい、バッグの構造によります。バッグが複数ある場合はドーンとおまけすることも・・・)

 

そんな割引も自社でするから出来ること!

外注メインの修理屋さんでは、そんな融通ききませ~ん(‘ω’)ノ

IMG_0598.JPG IMG_0599.JPG

↑革を傷つけないよう、ステッチカット!バラしていきます。

IMG_0600.JPG

 

↑再発してはダメなので、交換では合皮は使わず、ツヤのある布地を使います。

IMG_0602.JPG

↑あとは縫い合わせで完成です~(^^♪

IMG_0617.JPG IMG_0618.JPG IMG_0619.JPG

はい!こんな感じです~!

シンプル!

ポケットが無いと、ひじょ~にシンプルな仕上がりですね(^^)/

ルイヴィトン 内張り交換 ¥12000 でした~!

クチコミでのご来店、ありがとうございました~。

 

 

 

クラリネットケース 革カバー 劣化合皮サラサラコーティング

今回はクラリネットケースの革カバーの合皮が劣化したので

サラサラコーティングです。

長いこと保管していたクラリネットが入ったケース。

それを包む革カバンの表面の合皮が劣化して

ベタベタになっています。。

IMG_9455.JPG IMG_9456.JPG IMG_9459.JPG

 

ケースを2重に包むことで繊細な楽器を衝撃等から守るそうです。

「ベタベタなったから買い替えなあかん。。」

「それ、コーティングしたらサラサラになりますよ~(^^)/ 」

「ええぇ~~!」

IMG_9460.JPG IMG_9458.JPG IMG_9457.JPG

 

コーティング完了!

サッラサラの手触りになりました(^^♪

合皮の上にサラサラの層を重ねるのがサラサラコーティング!全体施工して¥2800でした~。

また買う事を思えば安い安い!

写真じゃあわかりませんが。。(´・ω・`)

ベトベトはまったく気にならなくなりました。

合皮の状態により効果は違います。

既に劣化してめくれがたくさんある場合は効果が長持ちしにくいです。。

ありがとうございました~(^^)/

 

 

 

NICA バッグ 合皮劣化めくれ 革当て修理

今回はNICA バッグの合皮部分の革当て補修です。

IMG_8930.JPG IMG_8932.JPG IMG_8931.JPG IMG_8929.JPG IMG_8933.JPG IMG_8990.JPG IMG_8935.JPG IMG_8936.JPG IMG_8934.JPG

バッグ ウラ側を中心にの合皮がめくれてます。

劣化で接着が剥がれ、薄皮がどんどん剥がれていく状態です。

特にひどいのは側面です。側面上部の縦縫い部分を境にウラ側方向かけてのめくれがひどいです( ;∀;)

この穴から内部の劣化して剥離した粉がいっぱい出てきます。。

なんとかせねば。。

こういう場合、劣化した合皮は素材として当てにならんので、本革をあてて修理していきます。

問題は範囲ですが。。

予算に応じて、長持ちさせるために効果的な方法を考えます。

IMG_8940.JPG IMG_8939.JPG

小さいめくれは各所にありますが、1番やばいのは、やはり体やモノで常に擦れる裏側上部です。

今回は裏側上部エリアすべて!本革を当てて補修していく事にしました。

このバッグに限らず、合皮が1番めくれやすいのは縫い部分からです。

ミシン目がはいってるようなもんなので、今回はなるべく、新たなミシン目は作らない方法でいきます。

IMG_8941.JPG

↑でかくて色合いが近い革をあてがってイメージします。

新たな革を下に入れ込んで縫うために、既存の縫いを解こうとしたのですが、

糸を解いた部分からまた合皮がめくれていくのが分かったので中止!

これが一番キレイに仕上がるんだけど。。しゃーないしゃーない(´・ω・`)

くそ~合皮め~(/_;)

IMG_8945.JPG

 

↑下の帯部分が既存の素材で、上に縫いこまれているのが新しい本革です。

今回は周囲の帯部分より1段降りたとこに革を縫い付けて、

本革の端っこは1段上がった帯部分に入れ込みます。(なるべく革の端が目立たないように)

帯部分より1段下がったとこを縫うので合皮のめくれを心配する必要なし!

 

 

IMG_8948.JPGIMG_8994.JPG

↑側面だけは内側に巻き込んで中でしっかり縫い合わせ(^^♪

メイン部分終了~!

あとは開口部のマグネットボタン周辺のダメージもひどいので、

革当て補強していきます。

IMG_8947.JPG

 

↑引っ張るたびに合皮が伸び~てます(@_@)

IMG_8949-0.JPG IMG_8951.JPG

↑簡易ですが革を間に挟み込み補強していきました。

IMG_8989.JPG IMG_8990.JPG IMG_8991.JPG IMG_8992.JPG IMG_8993.JPG IMG_8994.JPG IMG_8996.JPG IMG_8995.JPG

完成~(*´ω`*)

他の箇所の細かいめくれは、出来る限り見つけて接着しています。

プレゼントでいただいた大事なバッグで、少しでも長く使いたかったとの事でした。

郵送での依頼で発送前に何度かお電話差し上げたのですがつながらずで

お客様の反応は分かりませんが、

しばらくは使えそうなレベルまで直せてるかな?

気に入ってくれるといいのですが(*’▽’)

今回の合皮革当て補強 修理方法はこちらにお任せで¥6000でした~。

ご依頼ありがとうございました~(^^)/

 

 

 

 

 

ブーツ 合皮 革のめくれ補修+カカト修理

今回はブーツの 合皮部分のめくれをどうするかの1例です。

IMG_7306.JPG IMG_7307.JPG IMG_7308.JPG IMG_7309.JPG

こういう状態になってるブーツはとても多いです。

劣化してもろくなった合皮が、縫い部分からめくれていく症状です。

こうなってから合皮だと気づくという方も多いとおもいます。

 

修理方法なんですが。。全体が合皮で、全体的に劣化していってるので

革そのものの交換しか根本的な修理(?)にはならないです。

現実的にはめくれ部分を接着して

下地がでた部分には近い色のクリーム塗って目立たなくするという方法になる事が多いです。

(部分的に革当て修理しても縫い部分からまためくれてきます)

IMG_7321.JPG IMG_7320.JPG

 

↑めくれ接着の図

IMG_7322.JPG IMG_7324.JPG IMG_7331.JPG IMG_7330.JPG IMG_7323.JPG

↑クリーム刷り込んで、こんな感じです!

最初よりは断然マシにはできます。

ただ少しずつめくれたら、また下地が見えるので、その時点での応急仕上げという感じです。

IMG_7309.JPG IMG_7310.JPG IMG_7333.JPG IMG_7332.JPG

↑カカト修理はこんな感じ!スポンジ下から2層目までいってるので、

全て落としてからカカト全部作り直して(スポンジ+ゴム) この大きさなら¥1600です。

上記劣化部分のごまかし仕上げ作業はカカト修理などで¥1000以上の作業であれば

サービスで行っております!

他に修理するとこない場合、磨きで受けさせてもらっています(¥800~)

参考にしてくださいませ~(^^)/

このブーツは受付は来店で、お返しは閉店後の無料宅配させてもらいました。

営業時間の前後でよろしければ1足から無料で集荷、宅配してますので是非ご利用ください~!

ご利用ありがとうございました~。

 

 

 

 

バッグ 入口周りの劣化した合皮取り替え作業!

今回は劣化した合皮部分を再発のない本革できれいに仕上げる作業です。

IMG_5264.JPG IMG_5369.JPG IMG_5266.JPG IMG_5267.JPG

ベトベトになってます。。

大事なカバンなので慎重にばらしていきます。

IMG_5419.JPG IMG_5420.JPG IMG_5422.JPG

分解した2本のベルト状の部分を本革で作成します!

。。。

完成~~!(^^♪

IMG_5474.JPG IMG_5476.JPG IMG_5477.JPG IMG_5475.JPG

色や風合いも近い革を使って、バッチリ出来ました~。

バッグ 入口革交換  今回は ¥8000 です。

眠っている思い出のバッグ、使えるバッグにしませんか?

低予算でもご相談ください!直そうとお持ちいただいた、その気持ちを大事にします! 😳

 

ご依頼ありがとうございました~!

管理人紹介

sample

カギしっぽ工房
店長:松田 喜之

会社情報

company

カギしっぽ工房
【住所】
〒559-0013 大阪市住之江区御崎3-3-19
【TEL】 06-7492-3880
フリーコール 0120-993-779
【FAX】
06-7635-9953
【営業時間】
10:00~19:00
【定休日】

年末年始
【代表者】
松田 喜之